ためになる日経新聞塾EQ66

はじめての株式投資

1.株式投資ってどんなもの?

一般的に言われている株式投資とは、企業が発行している株を購入し配当を受ける権利を得たり、株価の変動によって利益を得ようとすることです。

株式は企業が資金調達の手段として利用しています。

銀行で資金調達をすれば、借りたお金や利息を返済する義務がありますが、株式なら返済義務がなく手軽に資金を増やすことができます。

また、ネット投資が手軽になった今では、投資家は誰でも株を購入して利益を得られる環境ともなっています。

2.株の仕組みって?

株式投資とは株を購入することを言います。

この株を購入することで、購入をした人は株主という権利を得ることができ、株主になれば株主総会に出席をすることができます。

また、配当金や株主優待を得ることもできます。

この株は一般的に株式市場で取引をされています。

株式市場で取引されている株を購入すれば、その株を発行している企業の株主になれるということです。

株を購入することで、その企業に資金提供をしていることにもなりますし、その株価が値上がりをすれば、投資した資金が何倍もの価値になることもあります。

3.株式投資を始めるにはどうしたらいいの?

株式投資を始めるためには証券会社に口座を開く必要があります。

日本では、株式市場で取引されている株を売買するためには、証券会社を通す必要があり、まずその証券会社に口座を開くことが株式投資を始めるための第一歩です。

証券会社に口座を開くとなると、審査があるのではないかと思う人もいるかもしれませんが、現物取引をするための口座であれば、特別な審査もなく口座開設することができます。

口座を開設したら、その口座に入金をすることで株式投資を始めることができます。

4.証券会社ってどんな役割があるの?

証券会社は株式の売買を仲介しています。

株を買いたい人もいれば売りたい人もいます。

その人たちの注文を証券会社が受け付けて、株式市場に注文を出します。

また、投資家と株式市場との仲介だけでなく、証券会社自身も売買をすることがあります。

証券会社自身が参加することによって売買を成立しやすくして、株式市場が円滑に取引する役割もあります。

日本では株式市場に個人投資家が直接注文を出すことができないことからも、株式投資をする際には、この証券会社選びも重要なポイントです。

◇日経新聞電子版は高すぎるという方に朗報。今なら無料で日経が読めます!
◇http://xn--n9j7b9b078wg0k4ducvs564cf9jx8c101c8li1t1b2t2b.com/
日経電子版 無料